忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/05/26 20:03 |
妊娠はもう 子育て サークル です。
一般では、最終月経のはじまった日から280日(妊娠40週)が予定日になります。
ただこれは月経周期が28日と規則正しい月経周期の方を基準としていますので、
予定日が2週間ぐらい前後する事もあります。

・0~3週
生理が遅れてるかなっ?!まだこんな時期です。
カラダの変化は、腰がダルくなったり、下腹部が張ったり、
微熱が続くなど風邪のような症状があることもあるので、
妊娠しているかな~?という可能性がある場合はむやみに薬を飲むなどの行動は
やめてください。
早い人ならこの時期からつわりが始まることもあります。

・4~7週
月経予定から2週間ほど遅れたら、妊娠の可能性は大と思ってください。
まずは市販の妊娠検査薬で調べるのもいいですが、早めに診察を受けてください。
この時期は子宮も大きくなり、超音波で胎児が確認できます。

注意:流産の危険性がある時期です。
下腹部の痛みが続く場合・・・出血はないが右下腹部が痛いなどの症状がある場合は、盲腸や子宮外妊娠の可能性があります。
痛みと出血がある場合・・・流産や子宮外妊娠の恐れがありますので、速やかに診察を受けてください。
便秘になりやすい・・・食物繊維を多く摂るなどして食生活を改善しましょう。それでもダメな時は産院で処方された薬を飲みましょう。
妊娠するとおりものが増える・・おりものの色や匂いに注意してください。トリコモナス膣炎やカンジダなどの可能性のあります。
通常の色は薄いオレンジ色か薄い緑色です。匂いがキツイ場合は要注意です。
妊娠初期に感染すると、流産の危険もありますので、早めの検査をお勧めします。

・8~11週
妊娠3ヶ月です。
胎児の大きさは9センチほどに成長しています。
まだまだ流産などの危険な時期ですので、無理な運動は避けましょう。
子宮が大きくなってきますので、膀胱が圧迫され尿が近くなります。我慢は禁物ですよ
つわりがひどくなります。水分を良く摂ってキレイな空気を吸って快適にすごしましょう。

・12~15週
妊娠4ヶ月です。
個人差はありますがつわりがおさまってくる時期です。
妊娠届けは済んでいますか?母子手帳は手元にありますか?
体調の良いときには妊婦体操をしてもいいですね
そのためには積極的に母親学級に参加しましょう。

・16~19週
妊娠5ヶ月です。
一般では安定期と言われ、流産の危険もほとんどなくなります。
この頃からママの体重が増えやすくなりますので、食生活には充分気を付けましょう。

<なぜ戌の日に腹帯?>
犬は一度に沢山赤ちゃんを産むのに、安産・・・。
このように安産でありますように!という願いをこめて☆なのです。
市販である腹巻のような簡単なものもありますが、最初はやはり さらし帯でぎゅっと。
お腹を冷やさず、赤ちゃんを守る。そのためには、腹帯は必ずまいてくださいね

・20~23週
妊娠6ヶ月です。
赤ちゃんは身長30センチほどに成長し、髪の毛、眉毛、まつげも生えてきます。
お腹の中にいますが、もう一人前の赤ちゃんです♪
そろそろ胎動を感じはじめます。ぐにゃっと動いた感じがしますよっ
貧血になりがちの時期です。鉄分の多い食物を摂りましょう。
豆腐・納豆・チーズ・牛乳・ヨーグルトなど・・・。
この時期からおっぱいマッサージをしましょう。
赤ちゃんは母乳で育てるのが一番です。
良いおっぱいを沢山出すためには、この時期からの手入れを心がけましょう。

・24~27週
妊娠7ヶ月です。
かなりお腹の膨らみが出てきます。
羊水が一番多い時期なので、胎動を感じなくなったり、心音が聞き取りにくくなったりもします。
でも羊水が多いせいなので安心してください。
この時期は妊娠中毒症に注意します。
体重が増えすぎると危険です。
・血圧が高くなったり
・頭痛
・吐き気
・むくみ
などの症状が現れたら、すぐに産院で診察を受けてください。
カロリーを考えながらの食事を心がけましょう。

・28~35週
妊娠8ヶ月です。
カルシウム不足により、虫歯になりやすくなります。
魚や牛乳など、しっかり摂りましょう。
カラダがお産の準備にかかります。
下腹が張ることがたびたびあります。
あまりにも張りすぎる場合には安静が必要です。

早期産に注意!
カラダがお産の準備に入ることもあって、子宮口が開いてきてしまうこともあります。
そんな時は無理な運動はやめて、安静にすごしましょう。

出産の準備はできてますか?
最低限必要なもの・・・
・パジャマ
・授乳用ブラジャー、母乳パット、ショーツ、タオル、洗面道具、ティッシュ、スリッパ、湯のみ、おはし、腰巻き
整理用ナプキン(産院で頂けることもあります)、小銭 などです。

・36~39週
臨月です。
できるだけ1人での外出は控えて、いつでもお産ができるように、準備しておいてください。
お腹の膨らみがやや下がった感じがします。
足の付け根が突っ張ったり、便秘、お腹が張る・・などの症状が出ます。
妊婦さんは立ち上がるだけでも一苦労です。
夫婦協力しあって最後の妊娠期間を過ごしましょう。

・40週
いよいよ出産です。
下腹部がキリキリと痛みを感じたら、とりあえず産院に電話しましょう。
産院によって異なりますが、初産の時はしばらく自宅待機になるでしょう。
陣痛の感覚を記録し、注意してください。

母親となる一世一代のイベントです。
「もうすぐわが子に会える♪」
陣痛が始まってからも常に頭においておきましょう!
きっと頑張れますよっ

おすすめPR
姉妹サイト
PR

2007/08/31 14:09 | 子育て サークル ダウンロード 申込 書

<< 子育て サークル 応援団 アトピー性皮膚炎とは? | HOME | 子育て サークル の合間に・・・私はこんなサイトでお仕事を探しました!>>
忍者ブログ[PR]